« 5.客はなぜ威張るのか? | トップページ | 大人気!セルフで買える「JINSメガネ」 »

2013年1月16日 (水)

気の利いた接客よりもマニュアル接客が客を呼ぶ

Photo

パートやアルバイト店員(販売員)が多い現代の店の接客は、いわゆるマニュアル接客が主体です。

それだけに客は気の利いた店員(販売員)の接客に遭遇すると、大きな感動すら感じて、その店員(販売員)がいる店をいっぺんで好きになってしまいます。

それだけに店員(販売員)には、常に接客の重要性が求められています。

しかし気の利いた接客には大きな問題が含まれています。

店の全ての店員(販売員)が気の利いた接客を提供することは非常に困難なことから、感動を提供するほど素晴らしい接客とそうでない接客に大きな差が生じて、サービスの不均一という問題を生み出してしまいます。


一方、マニュアル接客は最低限の対応であったとしても、全ての店員(販売員)が均一な接客サービスを提供することができます。

従って、客はたまに気の利いた接客を提供してくれる店よりも、多少不満があったとしても、何度行ってもいつも同じ接客サービスが受けられるマニュアル接客の店を好みます。

今後の激しい販売競争を打ち勝ってゆくためには、客にもっと好まれるマニュアル接客のレベルアップが余儀なくされて来ることでしょう。

Photo_8


人気ブログランキングへ

 

 

 

|

« 5.客はなぜ威張るのか? | トップページ | 大人気!セルフで買える「JINSメガネ」 »

◆マンガ良い店悪い店の法則」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気の利いた接客よりもマニュアル接客が客を呼ぶ:

« 5.客はなぜ威張るのか? | トップページ | 大人気!セルフで買える「JINSメガネ」 »