« 立地が良くても売れない店はあるが、                立地が悪くて売れる店はない | トップページ | ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」⑥ »

2012年12月10日 (月)

前向きなのに、売り上げが上がらないと悩むあなたへ

1.あなたが得意な動き・・・接近の動き
Sekkinn

09sekkinb ←この画像をクリックすると「接近の動き」をします。


いつも前向きで、人なつっこいあなたは「接近の動き」が得意なはずです。
「接近の動き」とは、前に向かってゆっくり動く動きのことです。
この動きは、人や物にゆっくり近づく動きで、着実に物事を進めていくために大変役立つ動きで、この動きを繰り返すあなたは、積極的でやる気があり、熱心であるという印象を与えます。

2.あなたが得意な接客の仕方

「接近の動き」が得意なあなたは、他人に近づくことに抵抗を感じないので、日頃から、お客様のそばにいて役に立ちたい、お客様と親しくなりたいと思っていて、どんなお客様にも気後れせずに声を掛けることができます。また、あなたはお客様と友達になって、いい情報を教えてあげたり、アドバイスをしてあげたりすることを心がけています。

3.あなたの接客の長所

あなたはどんなお客様にも、物怖じせずにうまく近づくことができます。常にお客様に対して積極的に関わり合おうとするあなたは、困っているお客様にとって、大変ありがたい存在です。あなたに親切に接客してもらったおかげで、いい買い物ができたと感じるお客様もたくさんいるはずです。

4.あなたの接客の短所

さて、実は誰でもそうなのですが、欠点というのは、実は長所の裏側に存在しています。この、常に積極的にかかわり合おうとするという長所は、時として大きな欠点になってしまいます。「接近の動き」が得意なあなたは、世話好きなので、お客様にもあれこれかまいたくなるのですが、そのタイミングが早すぎると、客を遠ざけるアクションになってしまったり、一度近づいたお客様のそばをいつまでも離れないのでうっとうしいと思われたりすることがあります。中には、あなたの親切さがかえって負担になり、一度は買ってくれても、次からはあなたを避けようとするお客様もいます。

5.「販売現場」からのあなたへのアドバイス

客に対して無関心な態度が取れないあなたは、店に近づいてきた客には、すぐに声をかけて親切に用件を聞いてあげようとしますが、あなたが接客しようとすると、多くの客はあなたを無視したり、時には何も言わずに逃げだしたりしてしまうはずです。あなたにとってこのことは大変ショックで、傷つくことも多いかもしれませんが、それは店(販売現場)が非常に特殊な人間関係の現場だからなのです。
すでに他の記事でも説明していますが、店(販売現場)では、一般に客は店員(販売員)と親しくなることを避けようとします。それは、店(販売現場)の最大の魅力が、日頃の人間関係のしがらみを離れて、自由に商品を買うことができるという「匿名性」にあるからです。
客は、買うか買わないかが決まっていない間は、誰にもじゃまされずに自由に商品を見たり試したりしたがっていますから、その間は、あまり客に近づかず、そっと様子を見守り、客が必要な時にすばやく接客を開始することが大切です。
そこさえ注意すれば、あなたの熱心で親切な接客態度は、きっと多くのお客様の心をとらえるでしょう。

Photo_8


人気ブログランキングへ

|

« 立地が良くても売れない店はあるが、                立地が悪くて売れる店はない | トップページ | ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」⑥ »

◆接客のしかたであなたがわかる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前向きなのに、売り上げが上がらないと悩むあなたへ:

« 立地が良くても売れない店はあるが、                立地が悪くて売れる店はない | トップページ | ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」⑥ »