« 達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ② 案内の仕方 | トップページ | おいしいからといって売れるわけではない、                まずいからといって売れないわけではない »

2012年12月22日 (土)

達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ③ 渡し方

接客の達人が駆使する接客技術を紹介しています。

お客様に商品やおつりを渡すときのしぐさは、接客のイメージを決定づけるので大変重要です。ここがきちんとしていると、お客様の評価があがります。

まず、品物は必ず両手で持ちます。
031watasikatajp



次に身体を前傾させます。

032watasikatajp





前傾させながら、ゆっくりと両手を伸ばして品物を差し出します。

033watasikatajp



高額商品なら基本的に視線を落とします。
安い商品なら、にっこりしながらお客様を見てもかまいません。

差し出した手は、お客様がしっかり手に取るまで絶対に引いてはいけません。
受け渡しに失敗して、商品を落としたりしたら大変なことになります。

身体を前傾させないで、手だけを伸ばして渡そうとすると、横柄で乱暴な感じになるので注意が必要です。

最後に商品やおつりを渡すところで、それまでの接客努力がムダにならないように、くれぐれも気をつけましょう。


Photo_8


人気ブログランキングへ




■主に使用する動き

● 接近の動き
  身体を前に向かってゆっくりと動かす動き

09sekkinb←この画像をクリックすると「接近の動き」をします。

|

« 達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ② 案内の仕方 | トップページ | おいしいからといって売れるわけではない、                まずいからといって売れないわけではない »

◆達人店員(販売員)の接客テクニック(技術)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/56369027

この記事へのトラックバック一覧です: 達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ③ 渡し方:

« 達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ② 案内の仕方 | トップページ | おいしいからといって売れるわけではない、                まずいからといって売れないわけではない »