« 急いだり、さっさと作業したりすることが嫌いなあなたへ | トップページ | 「たとえ石ころでも値段をつけると売れていく」 »

2012年12月18日 (火)

きちんとしているのに、不親切だと思われがちなあなたへ。

1.あなたが得意な動き・・・不動の動き

Fudo

13fudobこちらのイラストをクリックすると
           「不動の動き」をします。


どんな時にも落ち着いていて、あわてたり、急いだりすることが嫌いなあなたは「不動の動き」が得意なはずです。
「不動の動き」とは、身体を動かさないでじっとしている動きのことです。
ほとんど静止している状態なので、じっとしていることが要求される時には有効な動きです。「不動の動き」が得意なあなたは、コミュニケーションの際に身体をあまり動かさないので、冷静沈着で、ちょっとのことでは動じない人という印象を与える一方で、感情の起伏がほとんど表現されず、何を考えているのかよくわからないと思われることがあります。

2.あなたが得意な接客の仕方

「不動の動き」が得意なあなたは、お客様が全然来ない時が長く続いても、イライラしたり焦ったりしません。あなたは自分から働きかけるよりも、相手の要望に応えることが大切だと感じているので、店でもお客様が声をかけるまで、じっと静かに待っています。あなたは、言われたことには正確に淡々と対応することが大切だと考えています。

3.あなたの接客の長所

お客様が全然来ない時や、なかなか商品を買ってくれない時でも、冷静でいられることです。また、お客様がお店にやってきても、すぐに声をかけたり接客を開始したりしないので、お客様が自由に商品を見たり検討したりできることです。お客様にあまり関心を示さないあなたの態度がお客様に自由を提供します。

4.あなたの接客の短所

さて、実は誰でもそうなのですが、欠点というのは、実は長所の裏側に存在しています。この、感情の起伏が少なくじっとしているのが得意だという長所は、時として大きな欠点になってしまいます。「不動の動き」が得意なあなたは、お客様から声がかかった時に、反応が遅いので、態度が悪いと思われることがあります。また、あなたには急いだりすぐに実行したりしないことで、お客様から苦情を言われることがあります。

5.「販売現場」からのあなたへのアドバイス

自分から積極的に動くことが少なく、受動的なタイプのあなたは、競争が激しい現代社会では、「やる気がない」、「言われなければやらない」などと悪い評価を受けてしまいやすい傾向があります。
「不動の動き」が得意なあなたは、特殊な人間関係の現場である店(販売現場)においても、良い面と悪い面を持っていると言えます。悪い面は、店内にじっと立ってしまいがちなので、その様子がなわばり主張に見えるために、お客様を遠ざけてしまいやすいことです。良い面は、客が来た時には、すぐに接客を開始しないため、客が自由に商品を検討できることです。
また、客から注文を受けた後の対応が淡々とし過ぎているため、相談にのってもらいたいと思っている客には不満が残ることがあります。今後の日本の店(販売現場)では、よりコミュニケーションを中心としたサービスが重要になると考えられているので、このタイプの人は内部の仕事に就いた方が良いかもしれません。

Photo_8


人気ブログランキングへ

|

« 急いだり、さっさと作業したりすることが嫌いなあなたへ | トップページ | 「たとえ石ころでも値段をつけると売れていく」 »

◆接客のしかたであなたがわかる!」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!!
なかがわと申します。
ネットサーフィンをしていて、たまたま見つけたホームページですが、大変参考になりました!!
特に、13種類のアクションは勉強になりました♩
もしよろしければ、私が使える人間か否かをアクションで分析していただけませんか?
下記9つのアクションを実行しているみたいです。
(1)一点注意の動きがある人
(3)全体注意の動きがある人
(5)攻撃の動きがある人
(7)協調の動きがある人
(8)独断の動きがある人
(9)接近の動きがある人
(10)突進の動きがある人
(11)機敏の動きがある人
(13)不動の動きがある人

どうぞ、よろしくお願いします♩なかがわ

投稿: なかがわ | 2012年12月19日 (水) 11時06分

コメントありがとうございました。
あなた自身の動きをビデオにとって、良く観察してみてください。その時、「人の動き探偵団」hitonougoki.comの「有名人を成功させたアクション」を参照にして、じっくり観察してみてください。自分の「動きの癖」は、なかなか受け入れられないかもしれませんが、他人と話している20~30分のビデオの中のあなたの「動きの癖」が、あなた自身なのです。
TVの人気者は、多くの動きの癖を持っていますが、一般人は、普通1~3個くらいです。たとえばいつもじっとしている人は「不動の動きの癖」一つです。また、行動的な人は、大抵「接近、突進の動きの癖」を持った人です。しかし正しくは、本人に会って観察するか、ビデオを観察して、分析しなければいけません。少しお分かりになれましたでしょうか?

投稿: 馬渕 哲 | 2012年12月19日 (水) 20時12分

お世話になります。
早速のご回答、ありがとうございましたm(_ _)m
とても参考になりました!!
ありがとうございましたm(_ _)m
これからも、ブログを拝見させていただき勉強したいと思います。
よろしくお願いいたします。
なかがわ

投稿: なかがわ | 2012年12月20日 (木) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きちんとしているのに、不親切だと思われがちなあなたへ。:

« 急いだり、さっさと作業したりすることが嫌いなあなたへ | トップページ | 「たとえ石ころでも値段をつけると売れていく」 »