« ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」④ | トップページ | 商店街に客が戻って来るときはインフラが変化したとき »

2012年11月29日 (木)

いいかげんで適当なのに意外に売れるあなたへ。

1.あなたが得意な動き

Futyuuisiji2

04futyuisijib ←この画像をクリックすると
           「不注意指示の動き」をします。

物事をきちんと型通りすることにあまり価値観がないあなたは「不注意指示の動き」が得意なタイプです。「不注意指示の動き」とは、注意を向けている方向とは違うところを指し示す動きで、ちょうど、的を狙わずに拳銃を撃つようなイメージの動きです。この動きを繰り返すあなたは、話があれこれ広がる派手でおもしろい人だという印象を与えます。
また、何事にも真剣に取り組まないところが、かえってかっこよくスマートに見えることがあります。

2.あなたが得意な接客の仕方

「不注意指示の動き」が得意なあなたは、お客様に一般的な商品説明をしてもあまり意味がないと考えがちです。そのため、基本的な説明よりも、その周辺の話や、あまり関係はないけれども面白い話などをして、お客様を喜ばせようとします。

3.あなたの接客の長所

話題の幅が広く、発想がユニークで、常識にしばられないところです。あなたは冗談がうまく雑談が面白いので、あなたと話すことを好むお客様もいるはずです。あなたには、お客様の名前や以前買った商品を忘れるなど少し無責任な面がありますが、そのことがかえってお客様が気楽にふるまえる理由にもなっています。

4.あなたの接客の短所

さて、実は誰でもそうなのですが、欠点というのは、実は長所の裏側に存在しています。この、発想がユニークで、常識にしばられないという長所は、時として大きな欠点になってしまいます。
「不注意指示の動き」が得意なあなたは、どうしても目的からはずれがちで、短い時間で適切なものを探したいお客様には、なかなか満足してもらえません。
また、雑学的な知識や説明はうまいのですが、話が集約しないために、詳細な説明を求めているお客様にとっては、基本的な商品知識がなかったり、よけいなことばかり説明したりする店員(販売員)だと感じられてしまうことがあります。やはり、商品に関しては、必要な内容をきちんと把握して説明する必要があるでしょう

5.「販売現場」からあなたへのアドバイス

「不注意指示の動き」が得意なあなたは、真面目さや誠実さや勤勉さが求められる現代社会では、いいかげんで信用できない面があると評価されがちです。しかし、実際の売り場では、真面目で誠実でなければ全然売れないかというと、意外にそうではありません。
すでに他のいろいろな動きのところでもご説明しましたが、販売現場は基本的に「外部」の人間を対象にしている非常に特殊な人間関係の現場なので、そこには本質的に多くの「あいまいさ」や「適当さ」や「ウソ」が存在しているからです。
私達が「客」として店(販売現場)を訪れる時には、「もしかしたらだまされるかもしれない」という危険なイメージが一つの魅力になっていることは否定できません。そういう店(販売現場)では、ちょっとあやしく、いいかげんなところのあるあなたは、お客様に販売現場ならではの夢を与える存在になることができます。
客は、生活に必要なものだけを必要な量だけ買えば、それで満足するわけではありません。困ったことに、時には衝動的に、ムダなものや高いものやインチキなものを買ってしまうこともまた、買い物の醍醐味の一つになっているのです。

Photo_8


人気ブログランキングへ

|

« ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」④ | トップページ | 商店街に客が戻って来るときはインフラが変化したとき »

◆接客のしかたであなたがわかる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いいかげんで適当なのに意外に売れるあなたへ。:

« ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」④ | トップページ | 商店街に客が戻って来るときはインフラが変化したとき »