« ウソをついてもなかなか売れないが、本当のことを言うと絶対に売れない | トップページ | ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」④ »

2012年11月27日 (火)

華やか過ぎて売り場で浮き上がりがちなあなたへ

1.あなたが得意な動き

Zentai

03zentai   ←この画像をクリックすると
           「注意不明の動き」をします。

明るくおおらかで、細かいことがあまり気にならないあなたは「全体注意の動き」が得意なタイプです。「全体注意の動き」とは、広く全体に注意する動きで、両手を大きく広げたり、胸を張ったりするなど身体を内側から外側に大きく開く動きのことです。この動きを繰り返すあなたは、華やかで良く目立つ存在です。この動きは、大勢のお客様の前に立つ舞台俳優やミュージカルのスターや歌手にとっては大変重要なアクションです。

2.あなたが得意な接客の仕方

「全体注意の動き」が得意なあなたは、お店の中でひときわ目を引く存在です。店の中央に堂々と立ってお客様を待っているあなたは、広くあたりに注意を払うのが得意なので、遠くから店に近づこうとしているお客様がすぐ目につきます。そして、やって来たお客様に屈託なく声を掛けるのが、あなた流のやり方です。
また、物事は全体的におおまかにとらえることが重要で、細かいことにこだわるのはあまり意味がないと感じるあなたは、商品についても、全体をざっくりととらえて、できるだけ簡単に説明しようと心がけています。

3.あなたの接客の長所

明るく華やかなので、お店の雰囲気が明るくなることです。あなたの明るさがお客様の気持ちまで明るくすることでしょう。また、細かいことにこだわらず、おおらかなので、お客様と論争になることはほとんどありません。

4.あなたの接客の短所

さて、実は誰でもそうなのですが、欠点というのは、実は長所の裏側に存在しています。この、華やかで良く目立ち、細かいところにこだわらないという長所は、時として大きな欠点になってしまいます。
「全体注意の動き」が得意なあなたは、どうしても店の中央に堂々と立ってお客様を待ちたくなるのですが、その動作は、お客様からは「なわばり主張」のアクションに見えるので、一人目のお客様がなかなか店に入りにくくなってしまいます。
また、全体的な説明はうまいのですが、細かいところがアバウトになるために、詳細な説明を求めているお客様にとっては、あまり商品知識がなかったり、適当な説明をする店員(販売員)だと感じられてしまうことがあります。やはり、商品の説明に関しては、お客様の誤解を招くようなことはないように注意する必要があるでしょう。

5.「販売現場」からのあなたへのアドバイス

「全体注意の動き」が得意なあなたは、正確さや効率が求められる現代社会では、細かい説明が苦手なあなたはアバウトでいいかげんだと評価されがちです。しかし、実際の売り場では、細かい商品知識がなければ全然売れないかというと、決してそんなことはないのが面白いところです。
なぜなら、すでに「注意不明の動き」のところでご説明したように、販売現場は非常に特殊な人間関係の現場で、そこには多くの「あいまいさ」や「適当さ」が存在しているからです。私達が「客」として店(販売現場)を訪れる時には、必ずしも合理性や効率を求めているわけではありません。客は、店では日常の役割や立場を離れて、「普段よりもいい自分」を演じてみるものです。「店(販売現場)」とは、そもそも客の夢をふくらませてくれる特別な場所なのです。
実は「全体注意の動き」が得意なあなたは、お客様に厳しい事実を突き付けることがない上に、細かい問題点に注意を向けることが少ないので、「その商品を買ったらこんなに良くなる」というお客様の夢を膨らませるにはうってつけの人物です。あなたの接客を受けていると、お客様は、ついついもう一ランク上の商品を買いたいような気分にさせられてしまうのです。

Photo_8


人気ブログランキングへ

|

« ウソをついてもなかなか売れないが、本当のことを言うと絶対に売れない | トップページ | ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」④ »

◆接客のしかたであなたがわかる!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華やか過ぎて売り場で浮き上がりがちなあなたへ:

« ウソをついてもなかなか売れないが、本当のことを言うと絶対に売れない | トップページ | ソラマチ商店街「接触・引き込み・回遊型店」④ »