« 店員(販売員)が客からのお礼に感動するのは、たいていの客に傷つけられるからである | トップページ | うまい説明がなかなか功を奏さないあなたへ。 »

2012年11月22日 (木)

冷やかしやすい商品は高くても売れてゆく

Photo
現在のネットユーザーの多くは、リアルショップで実際に商品を見たり試着したりしてから、ポイントがつき、一番価格が安いネットショップで購入すると言われています。

 

そのような時代になっても、リアルショップには、やはり冷やかしやすい商品と冷やかしにくい商品が存在しています。

それでは、冷やかしやすい商品とはいったいどのようなモノかというと、それは客が店員(販売員)から接客を受けないで見たり触ったりすることのできる場所にある「商品」のことなのです。

かつては、店頭のワゴンなどに陳列してある商品は、多少の風雨にさらされても大丈夫なディスカウント商品が中心でした。そして必ず「○○セール」「特別お値打ち品」「特価販売」等と書かれたPOPが貼られていました。

この売り方は、大抵の場合、効果を発揮するので、今でもひとつの販売手法として定着しています。

しかし、店頭のワゴンセール等が効果的なのは、単にサービス価格に客が飛びつくからではありません。店員(販売員)の接客を受けることなく、自由に冷やかせる場所に陳列されていることが大きな要因なのです。

 

見たり触ったり、着たり履いたり、自由に冷やかせる商品は、必ずしも特別に割引をした商品である必要はありません。

その商品をじっくり見ることができて、それが気に入れば、他の店で少し安く売られていようとも、客はその店でその商品を購入したくなるのです。

Photo_8


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

|

« 店員(販売員)が客からのお礼に感動するのは、たいていの客に傷つけられるからである | トップページ | うまい説明がなかなか功を奏さないあなたへ。 »

◆マンガ良い店悪い店の法則」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷やかしやすい商品は高くても売れてゆく:

« 店員(販売員)が客からのお礼に感動するのは、たいていの客に傷つけられるからである | トップページ | うまい説明がなかなか功を奏さないあなたへ。 »