« 「竹下通り」「裏原宿」「表参道」の、客層も売り方も店舗構造も違う人気スポットの売れる店を現場からレポート。 | トップページ | 2008年・渋谷駅地下鉄副都心線開通 »

2008年7月29日 (火)

(1)六本木ヒルズ ウェストウォーク

六本木ヒルズのウェストウォークは、六本木ヒルズのシンボル、森タワー内のエリアで、4層吹き抜けのガレリア空間を含む、ファッション、こだわり雑貨、グルメなどを集めた商業空間です。五周年を迎え、大幅な店舗の入れ替えに伴うリニューアルが行われ、新たな顔で顧客の動員を図っています。
Hills1

ウェストウォークは、開店当初、それまでの日本にはない斬新なガレリア空間を伴った、新奇性の強いショッピングエリアとして話題を集めました。しかし、おしゃれな癒しの空間は提供したものの、建物の構造上、密集したショッピングエリアがつくれず、残念ながら商業空間としての魅力が少ない空間となってしまいました。

※下の写真は吹抜けの間をつなぐ橋。吹抜けのある構造は、店の前の通行量が少なくなりやすい。
Hills2

※下の写真は吹抜けに面した飲食店の入り口。
Hills3

ウェストウォークは基本的に「店員空間がない、引き込み・回遊型型店」で構成されており、小規模の店の場合は来店客に対して早すぎる接客が開始されやすい店に、また、大規模の店の場合は、客が身構えて店内に入ったり、販売員の視線を気にしながら回遊したりしなければならない店になっています。

Hills4

Hills5

Hills6

Hills7

Hills8

つまり、買う気がある客でなければ入りにくい店の構造と接客方法が採用されているために、買うか買わないかに関係なく気軽に店内を回遊することはむずかしく、結果として新規顧客を取り込みにくい店になっているのです。

|

« 「竹下通り」「裏原宿」「表参道」の、客層も売り方も店舗構造も違う人気スポットの売れる店を現場からレポート。 | トップページ | 2008年・渋谷駅地下鉄副都心線開通 »

◆繁盛店の分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (1)六本木ヒルズ ウェストウォーク:

« 「竹下通り」「裏原宿」「表参道」の、客層も売り方も店舗構造も違う人気スポットの売れる店を現場からレポート。 | トップページ | 2008年・渋谷駅地下鉄副都心線開通 »