« 2008年・渋谷駅地下鉄副都心線開通 | トップページ | 1.「人の動き」の観点から見た売れる店と売れない店 »

2008年7月31日 (木)

(2)東京ミッドタウン GALLERIA(ガレリア)

2007年にオープンした六本木のもう一つの新名所が東京ミッドタウンです。

Mid1 

ミッドタウンのショッピングエリア「ガレリア」は、全長約150m、高さ約25m、四層の吹き抜けを中心に、周囲に店が並ぶ構造です。

Mid2

一般にガレリア(吹き抜け)のある商業施設は店の前の通行量が少なくなりがちですが、東京ミッドタウンの場合は店の前の通路の幅が広く、多くの客が歩きやすい構造になっています。「ガレリア」のガレリアは、成功したガレリアといえます。

ここには、高級ブティックなどに見られる「店員空間がない、引き込み・回遊型店」のほかに、ファッション雑貨を中心とした「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」や、貴金属・化粧品及び食品などの「店員空間が狭い(あるいは広い)接触型店」、さらには「店員空間がある、引き込み・回遊型店」の典型的な例であるスーパーマーケットなど、多彩な店舗構造の店が入り混じっています。そのことが、この商業集積全体を変化に富み、様々な客層を引き付けやすいものにしています。

下の写真は、高級ブティックを中心とした「店員空間がない、引き込み・回遊型店」
Mid3 

Mid4

下の写真は、ファッション雑貨を中心とした「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」
Mid5

Mid6

下の写真は、化粧品を販売する「引き込み型店」
Mid7

下の店は貴金属を販売する「接触型店」
Mid8

下の写真は、B1の食品フロアにある「店員空間がやや広い接触型店」
Mid9 Mid10

下の写真は、同じくB1にある24時間営業のスーパーマーケットで、「店員空間がある、引き込み・回遊型店」
Mid11

東京ミッドタウンの「ガレリア」は、様々な業種と様々な構造の店をうまく混在させることによって、客層が広がり、幅広い年齢層が楽しめるショッピングエリアとなっています。

 洗練されたデザインのショッピングセンターというイメージを持ちながらも、店舗本来の構造とその構造から生み出されやすい販売員のアクションによって、多くの客を引き付けているのです。

|

« 2008年・渋谷駅地下鉄副都心線開通 | トップページ | 1.「人の動き」の観点から見た売れる店と売れない店 »

◆繁盛店の分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (2)東京ミッドタウン GALLERIA(ガレリア):

« 2008年・渋谷駅地下鉄副都心線開通 | トップページ | 1.「人の動き」の観点から見た売れる店と売れない店 »