●13人のお客様

お客様はその人が持っている動きのタイプによって、13種類に分類できます。また、同じように店員も動きのタイプによって13種類に分類されます。
お客様と店員のそれぞれの動きのタイプの組み合わせによって、相性が決まります。

1.仕切りやタイプの客(一点注意の動きをよくする人) 

 Photo_3   Photo_5  
手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きをたくさん行い、自分や相手の注意を一点に引き付けることが得意な人。

2.アバウトなタイプの客(全体注意の動きをよくする人)
Photo_4    Photo_6    

手や腕や身体を、内側から外側に大きく開く動きをたくさん行い、広く全体に注意を拡散させるのが得意な人。

3.話が飛ぶタイプの客(不注意指示の動きをよくする人)
Photo_5    Photo_7    
手や指を使って、
自分が向いていない方向(外側)を指し示す動きをたくさん行い、相手の注意をそらすのが得意な人。

4.優柔不断なタイプの客(注意不明の動きをよくする人)
Photo_6    Photo_8  

手や指を使って、自分が向いている方向(内側)にあいまいに指し示す動きをたくさん行い、ものごとをはっきりさせないことが得意な人。

5.意志が強いタイプの客(攻撃の動きをよくする人)
Photo_7    Photo_9  

腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる動きをたくさん行い、強い自信や主張を表現するのが得意な人。

6.協調的なタイプの客(協調の動きをよくする人)
Photo_8     Photo_10  
腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を抜く動きをたくさん行い、相手に賛同し受け入れることを表現するのが得意な人。

7.頑固なタイプの客(独断の動きをよくする人)

Photo_9     Photo_11    

頭や上半身を、下から上に向かって力を入れる動きをたくさん行い、相手を威嚇し主張を曲げないことを表現するのが得意な人。

8.頼りないタイプの客(虚脱の動きをよくする人)
Photo_10     Photo_12    

腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く動きをたくさん行い、攻撃性がないことを表現するのが得意な人。

9.前向きなタイプの客(接近の動きをよくする人)
Photo_11     Photo_13   

手や身体を使って、前に向かってゆっくり進む動きをたくさん行い、積極的で前向きなことを表現するのが得意な人。

10.機敏なタイプの客(機敏の動きをよくする人)
Photo_12     Photo_14   

手や身体を使って、後ろに向かってすばやく引く動きをたくさん行い、テキパキと対応することを表現するのが得意な人。

11.突進するタイプの客(突進の動きをよくする人)
Photo_13     Photo_15   

手や身体を使って、前に向かって勢いよく進む動きをたくさん行い、唐突で強引なことを表現するのが得意な人。

12.消極的なタイプの客(退避の動きをよくする人)
Photo_14      Photo_16  

手や身体を使って、後に向かってゆっくり進む動きをたくさん行い、消極的で慎重であることを表現するのが得意な人。


13.動かないタイプの客(ほとんど動かない人)
Photo_15      Photo_17  

ほとんど身体を動かさずじっとしていて、感情を表に出さないことが得意な人。


22


人気ブログランキングへ