2018年5月26日 (土)

8.「虚脱の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

こんにちは。

各メディアにおいて、企業の採用基準が、面接時のコミュニケーション能力の評価から、履修履歴の活用へと変化してきていることが報じられています。

コミュニケーション能力はごまかせても、履修履歴データーはごまかせられないからと言うのがその理由ですが、はたして本当にそうなのでしょうか。

大企業の多くの営業責任者や、お客様相談窓口の責任者達にお会いした経験からいうと、ごく普通のコミュニケーション能力を持ち合わせている人がいかに少ないかを感じさせられる機会は、今も従来も全く変わりはありません。

つまり、学生が大企業の面接担当者をごまかしているのではなく、面接担当者側に学生のコミュニケーション能力を見抜く能力が不足しているだけの話なのです。

履修履歴データーを基にした面接を行ったとしても、企業の面接担当者が、従来のコミュニケーション能力不足をそのままにしているならば、ただ単に学生の企業活動能力の評価の機会が捨て去られただけの話になってしまいます。

そのため、また何年か後に、「履修履歴よりも面接重視」という時代が巡ってくるはずです。

さて今日は、「虚脱の動きの癖」を持つ人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

8.「虚脱の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「虚脱の動きの癖の人」とは、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く動きをたくさん行う人です。

そして、周囲の人からは、何となくやる気がなさそうなイメージを持たれますが、他人に対して攻撃性が無いことを表現するのが得意な人です。

 

Photo


もしも、あなたが好かれたいと思う相手が、「虚脱の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、前回までに説明してきました「攻撃の動きの癖」の人や、「協調の動きの癖」や「独断の動きの癖」の人の時と同様に、その人の上下の動きだけに注目することです。

そして、相手があなたや他人と話している時の、頭や手や腕の動きをチェックしてください。

「虚脱の動きの癖」の人は、頭や腕や手を、上から下に向かって力を抜いて動かしますが、特に返事をしたり相づちを打ったりする際には、必ず頭を下に向かって力を抜いて動かすので直ぐに分かります。

また、動きを観察する前から、相手の人が、「やる気がなさそうな人」「がっかりしていそうな人」「自信や責任感がなさそうな人」などのイメージがする場合は、そのイメージがその人の手や腕や頭の動きから生じていることを確認してください。

「虚脱の動きの癖」の人は、常に高い目標や理想を掲げては、それが実現不可能であることに気づいて、すぐにやる気を失ったりがっかりしたりする動きを繰り返すのが特徴ですが、一方で、相手に対して全く攻撃の意志がないことをわかりやすく表現して、安全なイメージを感じさせます。

さて、このような「虚脱の動きの癖」の人に好かれたい場合には、「虚脱の動きの癖」の人の意見や考え方をひとまず全面的に受け入れることが必要になります。

そして、「虚脱の動きの癖」の人が高い目標や理想を掲げるにもかかわらず、すぐにやる気を失ってしまう矛盾した行為に対しても、賛同したり協調したりしてあげることが大切なのです。

特に、次のイラストのような動きを伴って話をしたり、受け答えをしたりすることは逆効果となってしまいます。

(1)上から下に向かって頭や手や腕に力を入れる動き(攻撃の動きの癖)

 

52

 

(2)下から上に向かって頭や手や腕に力を入れる動き(独断の動きの癖)

 

71

 

以上のように、「虚脱の動きの癖」の人は、強い自信や責任感ややる気を表現することを一番苦手としています。

そのために、強い自信や責任感ややる気を表現する人には、できるだけ関わらないようにしています。

したがって、「虚脱の動きの癖」の人に対しては、どんなことでも受け入れるという態度で近づき、何事に対しても頑張り過ぎる必要がないと思っていることを表現して相手の信頼を得ることが大切です。

前回の、唯我独尊を愛する「独断の動きの癖」の人と真逆な「虚脱の動きの癖」の人もまた、好きになってもらうにはなかなか手ごわい相手なのです。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

6.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

7.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

8.「攻撃の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

9.「協調の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

10.「独断の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«35.昔からセルフサービス方式が採用されていた書店の構造(1988年当時)