2017年4月29日 (土)

(14)「ゆっくり動くと一目置かれる(その2)」

こんにちは。

人は、他人が近づいて来ると警戒して、体をかわしたり遠ざかったりします。

それは、他人が自分の「なわばり」に侵入して来ることをたいへん嫌うからです。

しかし、前進する動きをコントロールしてゆっくりと近づくと、逆に相手の「なわばり」に簡単に入って行くことができます。

ゆっくりと近づくことによって相手の警戒がとけ、大変親しみやすい人だと感じて、安心して迎え入れてくれるからです。

名刺をゆっくりと差し出す。

モノをゆっくりと手渡す。

手や指でゆっくりと指し示す。

手や指でゆっくりと案内する。

以上のように、ゆっくりと身体を動かすだけで、

「丁寧で感じの良い人」

「自信がある人」

「仕事ができる人」

「自分をコントロールしている人」

等などの好印象を相手に与えることができます。

ただし、このゆっくりとした動きは、「
接近の動き」を持つ人だけが

得意な動きだということをお忘れなく…。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします

 
人気ブログランキングへ

(14)ゆっくり動くと一目置かれる(その2)

さて、私たちが日常生活の中でゆっくり動く動きを取り入れるとしたら、どこでどのようにしたらよいのでしょうか。

ゆっくり動く動きが一番発揮しやすいのは前に出るときなので、名刺を一定のスピードでゆっくりと差し出すようにすると、初対面の相手に落ち着いた人だという印象を与えることができます。

名刺の交換など何でもないように感じるかもしれませんが、相手とうまくタイミングを合わせて、相手が取りやすい位置にきちんと名刺を差し出すことができる人は意外に少ないものです。

名刺を出す手が震えていたり、ふらふらしていたりすると、相手に緊張や自信のなさが伝わってしまうので注意が必要です。

 

●堂々としたお茶の飲み方↓
07_2

 

同様に、お辞儀をするときに、前にゆっくり頭を下げ、ゆっくり上げると、礼儀正しく堂々とした人だと思われます。

また、営業先でお客様に見せる資料などを取り出すときなどには、あわてて必要なものがどこにいったかわからなくなったり、あせって資料をばらまいたりしないように、極力ゆっくりした動きを心がけることが大切です。

落ち着いて堂々とした動きは、あなたに対するお客様の信頼感を高めるのに役立つからです。

さらに、プレゼンや会議の席上などで大勢の人に対して説明をするときに、ゆっくり前に出て落ち着いて出席者を見渡し、ゆっくりと資料などを用意すると、いかにも場慣れしているように感じられます。

また、演壇で挨拶などをする場合に、そこに用意されている水差しの水をゆっくりコップについで飲むことができると、その行為だけで、固唾を呑んで見守っている聞き手を圧倒することができるのです。

このように、たとえあなたが堂々とした動きが苦手であっても、立場上、その動きをした方がいいときはたくさんあります。

例えば上司は、役割上、部下から堂々とした振る舞いをすることを期待されています。

取引先の人と打ち合わせをするときも、上司が落ち着きのない態度をしていると、部下までが安く見られて実務に支障をきたすからです。

また、仕事にトラブルはつきものですが、そういうときに、上司が落ち着いて堂々とした態度を取っていると、部下に安心感や、トラブルに立ち向かう勇気を与えることができるのです。

客もまた、店員や係員から堂々とした態度を期待される立場です。

ホテルのベルボーイは、客が恐縮して自分で荷物を運んでしまったのでは仕事になりません。

一流レストランのウエイターやり工-トレスなども、客が堂々と注文し、自分では何もしないでゆっくりとサービスを受ける態勢になってくれてこそ本領を発揮できるのです。

このように、堂々としたイメージを与える動きは決して一部の人だけのものではありません。

誰にとっても必要なときが必ずあります。

普段からハレの日を想定して練習を積んでおくことは、決して人生のムダにはならないでしょう。

次回の、(15)「話し始めた人の方を向くと熱心さが伝わる(その1)」に続く。

(※以上の文章とイラストは、拙著「人は動きだ!」日本経済新聞社より抜粋したものです)


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします。

 
人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その1)」

2.
「勢いよく立ち上がる動きはやる気を感じさせる(その2)」


3.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その1)」

4.
「呼ばれたらすぐ行くだけで前向きだと思われる(その2)」

5.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その1)」


6.「十秒長くやるだけで粘り強く見える(その2)」

7.「両手を広げて話すと堂々として見える(その1)」

8.「両手を広げて話すと堂々として見える(その2)」

9.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その1)」

10.「姿勢を良くするだけで華やかに見える(その2)」

11.「元気で明るい人は儲かっている(その1)」

12.「元気で明るい人は儲かっている(2)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«(13)「ゆっくり動くと一目置かれる(1)」